ブログ記事は見た目が9割!?「読みたい」と思わせる記事の書き方を伝授!!

ブログを書く女の人

こんにちは、あやなです。

ウサ子
ウサ子

頑張ってブログを書いているんだけれど、

自分の記事が読みにくい気がするんだけど

なんでかな・・・??

「読みにくい」と感じる理由は恐らく

黒っぽい文章」だから。


今回は、「読みたい」と思わせる記事の

書き方を紹介していきます。

文章は見た目が9割

文章は見た目が9割といわれていて、

それはブログにおいても同じことが

いえます。



文章をパッと見た瞬間に

「圧迫感がある」「読みたくない」と

思われた時点で、その文章が読まれる確率は

一気に下がってしまいます



いくら文章の中身がよくても、

見た目がおろそかになっていると、

記事は読まれないのです。


ここで質問です。

あなたは以下のAとBどちらの文章を

読みたいと思いますか??

▽Aの文章

私が双極性障害になってから

強く思うことは、

健康はなにものにも変えられない

ということ。


病気になる前は

“今健康に過ごせているからそれでいい”

という考えでした。


しかし、病気は突然発症するのです。

病気によっては一生の付き合いに

なるかもしれない。


双極性障害も一生付き合っていかなければ


いけない疾患のひとつ。


現在は症状もだいぶ落ち着き、

やっと”普通の生活”を送れるまでに


回復した。


▽Bの文章

私が双極性障害になってから強く思うことは、健康は何ものにも変えられないということ。病気になる前は”今健康に過ごせているからそれでいい”という考えでしたしかし、病気は突然発症するのです。病気によっては一生の付き合いになるかもしれない。双極性障害も一生付き合っていかなければいけない疾患のひとつ。現在は症状もだいぶ落ち着き、やっと”普通の生活”を送れるまでに回復した。

Aの方が「読みたい」と思った方が

多いかなと思います。



このAとBの文章は私が書いたブログ記事で

同じ内容が書かれています。



内容や文章が同じにも関わらず、

かたや「読みたい」と感じ、

かたや「読みたくない」と感じる。

これが「見た目」の現実です。

1行の文字数を少なくする

人の目線は横移動が苦手といわれており、

横に長い文章は読みにくいと感じるのです。



改行の目安は1行30文字程度

改行は、句点(まる)や読点(てん)などの

区切りが良いところで行いましょう。


文章に白っぽい印象を与える

読み手(お客さん)の中には

視覚的なかたまり」として文章を捉えて、

重要なポイントを拾い上げていく人もいます。



こうした拾い読みをしやすいのが、

空白の行を多くした「白っぽい」印象を

与える書き方がAの文章です。



一方、空白がほとんどなく、

「黒っぽい」印象を与える書き方が

Bの文章は拾い読みはおろか、

「読みたい」という気持ちが起こらない上に

圧迫感を与えてしまうのです。




お客さんに「読みたい」と

思ってもらえるような

見た目を目指していきましょう!!

まとめ

今回はお客さんが「読みたい」と思ってもらえる

ブログの書き方を話していきました。


今回の記事をまとめると、

まとめ

・ブログ記事は見た目が9割

・改行の目安は1行30文字程度にする

・空白の行を多くして白っぽい印象を


 心がける

全てのお客さんが「読まない」という選択肢を

持っています。


そしてお客さんの多くが読まないという選択を

とってしまうのが現実。



サイトに来てくれたお客さんに記事を

読んでもらうためにも、

「読みたい」と

思ってもらえる記事を

目指していきましょう!!